ラバー

改めて思ったファスタークG1の良い所

以前までディグニクス05を使っていましたが、最近はファスタークG1を使っています

特にディグに不満はありませんが、強いて言うならG1の方がコスパが良いからです

元々G1ユーザーだったのですが、一度他のラバーを使ってみると今まで気づかなかった良さに気づくことが出来ます

【不動の人気】ニッタク ファスタークG-1 レビュー 今回はニッタクのファスタークG-1のレビューをしたいと思います。 プロ選手も使用しており、裏ソフトでは不動の人気を誇るラバーとな...

回転の影響を受けにくい

ディグに比べG1は良い意味で回転に鈍感です

G1も引っ掛かりは強い方ですが、ディグの方が引っ掛かりが強く相手の回転にはシビアです

ディグの方がボールが上に飛び出す感覚が強く、引き合いでもかなり被せて打たないとオーバーになる事が多かったです

それに引き換えG1は回転の影響を受けにくく、ラケット面が多少アバウトでも良く引き合いが非常にやり易かったです

上級者であればディグでもしっかりと掛け返すことが出来るかと思いますが、自分含めG1の方が使いやすい人は絶対にいると思います

全体的な印象としては、強い回転を掛けやすいのはディグ、回転の影響を受けにくいのはG1だと思いました

ミート系の技術がやり易い

前述したとおり回転に対して鈍感なところがあり、スマッシュやミートが非常にやり易いです

ディグに比べG1の方が若干硬めで食い込みにくいのも影響しているのだと思います

ディグの時は弾くよりも回転を掛ける方が安定していましたし、得点になりました

G1であればミート、プッシュ等もやり易いですし、ディグより速い球が出しやすいです

伊藤美誠選手や森園選手もG1を使っていますが、ドライブだけでなくスマッシュ、ミートを多用しています

テナジーやディグでなくG1を選択しているのも、そういった理由ではないかと思います

伊藤選手は一時期キョウヒョウプロ3ターボオレンジを使用していましたが、現在はG1へ戻しています

キョウヒョウではドライブは良いのですが、弾いて得点するのが難しかったのだと思います

逆にディグは回転を掛けるのは非常に優秀だと感じました

自分が思っている以上の回転が掛かっていることが良くあります

まとめ

今回はディグ二クス05を使ってみて感じた、ファスタークG1の良い点を書きました

ディグと比較すると回転に鈍感で、ドライブだけでなくカウンターやミート等様々な技術がやり易いです

色々な技術が平均点以上で万能ですが、尖った特徴が無く面白みに欠けるラバーだとも思いました

何かに特化したラバーでは無く、色々な技術がやり易いバランスの良いラバーを探している人にはピッタリです

ABOUT ME
ふじたく
年齢:30代 戦型:中ペン裏裏ドライブマン 卓球歴:約13年(学生3年、社会人10年) 様々な卓球用具を買い漁っている経験から、少しでも有益な情報を発信できればと思っております。