ラバーレビュー

VICTAS V>20ダブルエキストラ レビュー!台に収めやすいラバー

今回は2022年3月に発売開始となった、VICTASのV>20ダブルエキストラのレビューです。

発売当初からショップでも売り切れが続出しているほど人気のラバーとなります。

使ってみた感想としては強烈な個性は無いものの全体的に性能が高いラバーだと感じました。

ラバーの特徴やどんな人におすすめかを解説していきたいと思います。

商品紹介

品名:V>20ダブルエキストラ

メーカー:VICTAS

スポンジ厚:1.8 / 2.0 / MAX

スポンジ硬度 : 52.5

色:赤、黒、ピンク

価格:\6,200+税

圧倒的な安心感。VICTASから新感覚ラバーが登場。

キーワードはインパクトの瞬間の「許容」「遊び」。
スポンジ硬度は52.5度だが、硬さは感じない。むしろその弾力が心地よく、その打球感に誰もが驚く。
打った時のボールは威力十分、あらゆる攻撃で相手コートに収まる安心感。「競り合いで信頼できるラバー」が生まれた。

VICTAS HPより引用
created by Rinker
¥6,283 (2024/06/22 16:29:35時点 楽天市場調べ-詳細)
今回購入したのは厚さMAXとなります。
重量はカット前で71.7g、シェーク標準ブレードで48~50g程度なるかと思います。
シートの質感はこんな感じ、いかにもドイツ系という質感で引っ掛かりが良さそうです。
スポンジ質感はこんな感じで気泡が細かいです。
シートが薄くて分厚いスポンジが特徴となります。

今回は主にテナジー05ハードと比較をしていきます。

V>20ダブルエキストラを使用して良かったところ

ラバーを使用してみて良かったところは下記となります。

良かったところ
  • 扱いやすく安定感が高い
  • どんな技術もやりやすい
  • パワーロスしにくい
  • 相手の回転の影響を受けにくい

扱いやすく安定感が高い

打球感はやや硬めですが、シートが柔らかいので硬度よりは柔らかく感じます。

硬度的にはテナジー05ハードと近いですが、比較すると若干柔らかいです。

また、フォア打ちの段階からボールが上に飛び、安定感が高いラバーでした。

同社のV>15は直線的に飛びますがV>20はよく弧線が出るので、打点が落ちてもボールを持ち上げやすいです。

ドライブでもネットミスやオーバーミスが出にくく、台に収まる安心感があります。

どんな技術もやりやすい

一通りの技術を試しましたが、どの技術もやりやすいと感じました。

シートの引っ掛かりが良く、擦っても食い込ませても回転が良くかかります。

硬いスポンジで弾きも良く、シートも敏感過ぎないためミート打ちもやりやすいです。

また、軽いタッチではあまり弾まないので、台上など細かい技術もやりやすく、全体的にバランスが良く穴が無いラバーだと感じました。

打球に応じてボールが飛ぶので、メリハリがつけやすいラバーでもあります。

パワーロスしにくい

スポンジが厚く硬さもあるので、強打時にパワーロスをする感じは全くありません。

硬度が48度前後のラバーを使っていて柔らかいと感じる人には丁度よい硬さだと感じました。

スイングに比例してボールが飛ぶので、パワーヒッターほどラバーの性能を生かせると思います。

相手の回転の影響を受けにくい

テナジーと比べV>20の方が相手の回転に鈍感で、回転の影響を受けにくいと感じました。

その為、ドライブの引き合いやブロックなどラリーに強く、攻守のバランスに優れています。

特にブロックが好感触でボールが良く止まるので、今までより返球回数が増えました。

コントロールもしやすいのでブロックでコースをつくなど、守備でも有利な展開を作りやすいです。

また、回転の影響を受けにくく、勝手に飛ばないのでレシーブも台に収めやすいです。

総じて返球がしやすいラバーだと感じました。

V>20ダブルエキストラを使用して悪かったところ

逆に微妙だと思った点は下記となります。

悪かったところ
  • 弾みはそこまで高くない
  • 強烈な個性はない

弾みはそこまで高くない

スポンジが一番分厚いMAXを貼りましたが、軽く打つ分にはそこまで弾みません。

台上のストップなど細かい技術はやりやすい反面、ラバーの力を借りてボールを飛ばすのは難しいです。

体を使って飛ばす必要があり、スイングが遅い場合やフォームが不十分だとボールを飛ばせません。

中途半端に打つとボールも中途半端になるので、メリハリがつけやすい分、誤魔化しがきかないラバーです。

また、硬度よりは柔らかく感じますが、決して柔らかい分類のラバーでは無いので使い手を選ぶと感じました。

強烈な個性はない

バランスが良く何でもやりやすいラバーで、強烈な個性があるラバーではありません。

癖球や強烈な回転など相手の取りにくいボールは出しにくい印象です。

相手のミスを誘うようなプレーをしたい人は、他のラバーを選んだ方が良いでしょう。

まとめ

今回は V>20ダブルエキストラのレビューをしました。

打ってみて感じた性能を表にすると以下の様になります。

ラバーコンセプトの「許容」と「遊び」は感じることができ、他のラバーよりは回転に対して鈍感です。

何か突き抜けた特徴があるラバーというよりは、全体的に高い水準でバランスが良いラバーです。

一般レベルではレシーブやブロックでミスをしないことが重要なので、安定感が高いV>20は試合で勝ちやすいラバーだと感じました。

勝手に飛ぶラバーでは無く、打球に比例してボールが飛ぶので、パワーのある人の方が性能を生かしやすいです。

また、何かに特化した強烈な個性があるラバーではありません。

相手にとってのやりにくさを重視するのであれば、他のラバーの方が良いと感じました。

created by Rinker
¥6,283 (2024/06/22 16:29:35時点 楽天市場調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ラクザXからV-20への変更はおすすめでしょうか?
    ラクザXはシートの硬さと引っ掛かりが好きなんですが、ドライブの回転が物足りないです。
    V-20の懸念点は硬度が52.5度で硬い(V-15は扱えず合わなかった)
    シートが薄く柔らかい為、ラクザXのシートとのギャップがある

    • ふじたく より:

      コメントありがとうございます。
      V>20は良いラバーですがバランスに優れたラバーなので、ラクザXより回転量を増やしたいのであれば微妙かも知れません。
      V>15が合わなかった理由が分かりませんが、硬さを除けばV>20の方が扱いやすいと思います。
      おっしゃる通りシートが薄くスポンジが厚いので、食い込ませて打つ方が適しています。
      参考になれば幸いです。

  2. K より:

    今ファスタークG1を使っていて回転を増やそうと思っているのですがV>20に変えたほうがいいでしょうか?

  3. ふじたく より:

    K様
    コメントありがとうございます。
    個人的な感想ですが、ファスタークG1もV>20もバランスが良いラバーなので、回転量だけであればそこまで違いはないと思います。
    ただ、V>20の方が硬い分、強打時のボールの深さやスピードは出しやすいと思います。
    インパクトに自信があればV>20 をおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA