ラバー

【意外と使いやすい!?】バタフライ ディグニクス09C レビュー

今回はバタフライのディグニクス09Cのレビューをします!

ディグニクス09Cはシリーズでも一番硬い44度のスポンジを採用しており、扱いが難しそうというイメージが強いのではないでしょうか

自分もキョウヒョウなどの中国製ラバーに近く「上級者向けなのでは?」と思っていましたが、実際に使ってみると思っていた以上に使いやすかったです

確かに47度前後のスピンテンションよりは扱いが難しいですが、キョウヒョウなどの様に尖ったラバーではありませんでした。

記事内にて製品の特長、使用感など詳しくレビューしていきたいと思います。

貼り換え前はファスタークG1(特厚)を使用していたので、そちらとの比較も行っていきます。

商品紹介

品名:ディグニクス09C

メーカー:バタフライ

スポンジ厚:トクアツ、アツ

スポンジ硬度 : 44°(バタフライ表記)

色:赤、黒

価格:オープン価格

粘着力と弾みの両立をハイレベルで実現

ハイテンション効果を大幅にアップしつつも粘着性ラバーの特長が発揮される独自配合のシートと、硬めの「スプリング スポンジX」との相乗効果により、粘着力と弾みを高次元で両立。“開発コードNo.209”のツブ形状が、回転量の多いドライブやカット、台上技術やカウンターのしやすさをもたらします。粘着性ハイテンションの特長が向上した『ディグニクス09C』は、粘着性の打球感を求める選手のプレーをさらなる高みへと導きます。

バタフライ公式HPより

シートの形状はこんな感じ

粒は低いですが粘着ラバーとしては間隔が広く食い込みの良いシートです。

重量はアツのカット前で73.1g(保護シート込み)となりました。

カット後はグリップから隙間を開けて44~45gで、シェイク全面に貼っても48~50g程度になると思います

粘着ラバーとしては割と軽量です。

商品レビュー

ディグニクス09Cを使ってみての感想は以下の通りです。

  • 44度とは思えないほど使いやすい
  • 回転は非常に良くかかる
  • 振れれば良いボールが出る、詰まると落ちやすい
  • 弾く技術は若干やり難い、慣れが必要

順番に解説していきます。

44度とは思えないほど使いやすい

軽打ではシートが柔らかいためか予想より柔らかく、ファスタークG1と比較してあまり違いを感じませんでした。

強打をするとスポンジが若干硬いため硬さを感じます。

キョウヒョウなどのガチガチの硬さでは無く、インパクトが強ければしっかり食い込みます。

スポンジ硬度はバタフライ硬度で44°(ドイツ硬度約54°)となりますが、体感としては40°(ドイツ硬度約50°)ぐらいと感じました。

全体的なイメージとしては、47.5度前後のスピンテンションとキョウヒョウなどの間の様なラバーで、スピンテンション寄りなラバーです。

回転をかける技術は非常に優秀

シートは微粘着でペタペタする程度ですが、ボールをしっかりつかむため落ちる気が全くしません。

表面で薄くとらえるサーブやループドライブでも安心して回転を掛けることが出来ます。

サーブは特にショートサーブが非常にやりやすく、3バウンドするようなサーブが容易に出せます。

粘着は相手の回転の影響を受けやすいため、レシーブでは若干の難しがあります。

ただ、台から出た下回転をループで持ち上げたり、横回転をドライブでレシーブするなど、回転を上書きするようなレシーブは非常にやり易いです。

ドライブの引き合いではG1より面を水平に振るとやり易く、回転量が多いためラリーで優位に立つことが出来ます。

振れればよいボールが出る、詰まると落ちやすい

弾みとしてはG1とあまり大きな違いは感じず、粘着としてみると弾む方だと感じました。

また、ドライブはしっかりとスイング出来たときは回転量の豊富でボールが走ります。

逆に詰まったとき・当てるだけになると飛ばせずにネットにかかり易いです。

G1は当てるだけになっても、ある程度飛びますが09Cはその点シビアです。

キョウヒョウなと比べれば扱いやすいものの、ラバーの性能を活かすにはある程度技術が無いと厳しいです。

繋ぐ場合も当てるだけではなく、回転を掛けるように打つ必要があります。

弾く技術は若干やりにくい、慣れが必要

ミート系の技術は若干やりにくさを感じました。

微粘着のシートが球を持つため、うまく弾まずネットに引っ掛かる事があります。

特にこれは台から下がったときにやり難さを感じます。

ミート気味に打つにしても回転を掛けて飛ばす方が後陣からは安定して打てました。

純粋にミート打ちやスマッシュを多用する選手は向いていないラバーだと思います。

まとめ

今回はディグニクス09Cのレビューをしました。

結論としては扱いやすい粘着テンション、スピンテンションとキョウヒョウの中間的なラバーだと感じました。

どちらかというとスピンテンション寄りです。

上級者向けであることは間違いありませんが、キョウヒョウなどの中国製ラバーよりは大分扱いやすいです。

  • 強いインパクトを活かせるラバーが欲しい
  • さらに回転に特化したプレイがしたい
  • 中国製ラバーは扱いにくい

と感じている人にオススメです。

パワーのない選手や、ミート、スマッシュなどを多用する選手には向かないと思います。

キョウヒョウなどに比べると粘着独特の癖球も出にくいため、本格的な粘着ユーザーにも向きません。

粘着の中で高いバランスがとれているラバーだと感じました。

価格が高い所がネックではありますが、自分に合っていると感じた方は是非使ってみて下さい。

ABOUT ME
ふじたく
年齢:30代 戦型:中ペン裏裏ドライブマン 卓球歴:約13年(学生3年、社会人10年) 様々な卓球用具を買い漁っている経験から、少しでも有益な情報を発信できればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA