ラバーレビュー

バタフライ テナジー05ハード レビュー!扱いにくいが高性能

今回はバタフライのラバー「テナジー05ハード」のレビューをします。

テナジー05のスポンジ硬度が36度に対して、43度と7度硬いラバーとなります。

やはり数値通り扱うには技量が必要ですが、扱えれば非常に満足できる性能のラバーと感じました。

テナジー05ハードを半年以上使い込んだので、ラバー特徴や、どんな人におすすめか解説します。

気になる人は是非参考にしてください。

商品紹介

品名:テナジー05ハード

メーカー:バタフライ

スポンジ厚:アツ・トクアツ

スポンジ硬度 : 43

色:赤、黒

価格:オープン価格

回転性能にさらなる威力を加えた『テナジー』
回転性能に優れる『テナジー05』に、さらなる威力を加えるため、より硬めのスポンジを採用したのが『テナジー05ハード』です。「スプリング スポンジ」の特徴である、思い通りの打球を生み出す感覚を維持しつつ、ハードなスポンジが強いインパクトに応え、ワンランク上のパワープレーを可能にします。

バタフライHPより引用
トクアツでカット前で約75g、シェークサイズカットで50gをやや超える重量となります。

バタフライのラバーは軽量な物が多いため、テナジー05ハードは比較的重めです。

ただ最近は重めのラバーも多いため、極端な重さではないでしょう。

created by Rinker
¥7,095 (2024/06/22 16:37:47時点 楽天市場調べ-詳細)

テナジー05ハードを使用して良かったところ

テナジー05ハードを使用して良かったところは下記となります。

良かったところ
  • パワーロスしない
  • 勝手に飛ばない
  • 回転量が高い
  • ミート系技術もやりやすい

パワーロスしない

スポンジが43度(ドイツ基準52.5度相当)と非常に硬いため、どんなに強く打ってもパワーロスすることがありませんでした。

インパクトが強ければ強いほど良いボールが出るので、ハードヒッターでも満足できる性能となります。

他のラバーと比べスピードもスピンも上限が高く使用者次第では非常に脅威となるラバーです。

勝手に飛ばない

弾みはそこそこありますが、飛びすぎて制御が出来ないラバーはありません。

テナジー特有のオート感がなく、勝手に飛ぶ感覚もありません。

そのため、ツッツキやストップなどの細かい技術がやりやすく、台上から先手を取りやすいです。

変な癖もなく、硬さを除けば扱いやすいラバーだと感じました。

回転量が高い

やはり05系ということもあり、回転量の高さはピカ一です。

シートのグリップ力が高く、薄く捉えてもボールが落ちる事がありません。

サービスエースやループドライブでオーバーミスをさせるなど、回転量を生かし点数が取りやすいです。

ツッツキもよく切れるので、相手の強打を防いだり、ネットミスを誘いやすいラバーです。

相手の回転に対しても、掛け返す技量さえあれば回転負けする事がありません。

ミート系の技術もやりやすい

スポンジが硬く球離れが良いので、ノーマルの05と比較すると弾きやすく、ミート系技術は好印象です。

ただ、ミート系も勝手に飛ぶことが無いので、ある程度インパクトが出来る前提となります。

インパクトが強ければ、弾いた時のスピードも速く決定打となるボールが打てます。

created by Rinker
¥7,095 (2024/06/22 16:37:47時点 楽天市場調べ-詳細)

悪かったところ

逆にテナジー05ハードを使用して微妙だと感じたところは下記となります。

悪かったところ
  • 寛容度が無い
  • 補助機能は少ない
  • ブロックはやや慣れがいる

寛容度が無い

一番のデメリットと感じたところは、ラバーの寛容度の低さです。

しっかり体勢を作って打てば良いボールが出ますが、不意を突かれたりして体勢が崩れるとミスや棒球が出やすいです。

1コースの練習は非常に良いボール打てますが、「試合になると入らない」といった状態が起こりやすいです。

また、振り切るのにスイングが大きくなりがちで、早いピッチでのプレーは難しいと感じました。

打球後の戻りにも時間がかかるので、中途半端な球を打つと厳しい返球で振り回されやすくなります。

一球一球体勢を作り、打ち切る事が出来なければ、扱うのは難しいと感じました。

補助機能は少ない

通常のテナジーやFXであれば力が無くてもラバーが飛ばしてくれますが、05ハードはラバーが補助をしてくれる感じはありません。

その為、パワーが無くラバーの力を借りて飛ばしたい人にはおすすめ出来ません。

ドライブの弧線も05の様に勝手に出る感じはなく、比較的直線的に飛びます。

弧線を作るには自分でしっかりと回転を掛けて、弧線を作る意識が必要となります。

かなりマニュアル感が強いので、好みが分かれるラバーかと思います。

ブロックはやや慣れがいる

硬く球離れが早い分、ブロックの角度がシビアでミスに繋がりやすいと感じました。

また、強い回転が掛かる分、相手の回転の影響も受けやすいです。

他のラバーと比べ、相手のサーブやドライブの回転量の見極めが重要となるラバーです。

まとめ

通常のテナジー05より硬度が7度硬いので、ある程度パワーがないと扱うのが難しいと感じました。

ラバーに頼らず自分のスイングで球威が出せる人向けのラバーとなり、性能的には「粘着の無い中国ラバー」といったイメージです。

スピードや回転量の上限は申し分ないですが、それを引き出すだけの技量が無ければ、ただの扱いづらいラバーとなります。

テナジー05ハードは

  • テナジー05を使っていて柔らかいと感じている
  • 強い回転の掛かる硬めのスピンテンションを探している

人にオススメのラバーです。

回転の影響は受けやすく、レシーブに自信が無い人や、ミート・ブロック主体の人にも向きません。

インパクトに自信が無い人は、通常の05の方が良いボールが出しやすいと思います。

扱うのが難しい分、使いこなせた時に達成感がありますし、このラバーで試合に勝てたら間違いなく自分の力で勝ったと言えるでしょう。

値段は高いですが、性能が良いため継続使用したいと思えるほど良いラバーでした。

テナジー05ハードの個人的評価
スピード
回転量
コントロール
打球感(硬さ)
弧線の高さ

 

created by Rinker
¥7,095 (2024/06/22 16:37:47時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA