ラバーレビュー

STIGA DNAプラチナXH レビュー!

今回はDNAプラチナXHのレビューとなります。

モーレーゴード選手などプロにも使用され、注目度が高いラバーですが、価格も高いので気軽に試すことが難しいラバーかと思います。

DNAプラチナXHを購入し、実際に3ヶ月ほど使用してみましたので、ラバーの良かったところ、悪かったところをレビューします。

購入を検討されている方は是非参考にしてください!

商品紹介

品名:DNA プラチナ XH

メーカー:STIGA

スポンジ厚:MAX(2.3mm)のみ

スポンジ硬度 : 52.5

色:赤、黒

価格:¥8,200+税

より優れたグリップ力と最大のスピンを備えた高速ラバー

DNAプラチナは、スティガのDNAシリーズに追加された最新の製品で、ドイツ製の新世代ラバー。
DNAプラチナは攻撃的なプレースタイルで最高品質のラバーを期待する選手に最適。
独自の構成により優れたグリップ力を発揮し、選手は非常に難しい体勢からでも打球することができる。
低い粒形状と薄いトップシートは、DNAプラチナがより厚いスポンジ( 最大2.3㎜)に対応できることを意味し、打球のスピードとパワーを向上させる。

STIGA HPより引用

DNAシリーズでもプラチナはシートが薄くスポンジが厚い(2.3mm)ので弾みが良いのが特徴です。

また、XH(エクストラハード)シリーズで一番硬いスポンジを搭載しています。

ラバー外観は以下の様な感じです。

いかにもドイツ製というシート、曇り系で引っ掛かりの良さそうなシートです。

スポンジの気泡は細かく、しっかりとした硬さがあります。

重量はカット前で約72g、シェーク片面でおおよそ52~3gになるかと思います。

ドイツ製の中でもかなり重い分類で、貼ってみるとずっしりとした重さがあります。

合わせたラケットはティバーのハイブリッドACインサイド!

安定重視のインナーラケットです。

created by Rinker
¥7,206 (2024/02/21 16:15:26時点 楽天市場調べ-詳細)

DNAプラチナXHを使用して良かったところ

簡潔に言うと「性能は申し分ない、あとは使い手次第のラバー」だと感じました

良かったところ
  • パワーロスは全く感じない
  • 高い弾みと回転量
  • 何でも出来るバランスの良さ

パワーロスは全く感じない

シリーズでスポンジ硬度が52.5度と一番硬く、2.3mmという厚いスポンジのおかげで、強インパクト時もラバーが潰れてしまうことがありません。

シートが若干柔らかいので、カチカチのラバーではありませんが、48度のドイツ系(ファスタークG1など)よりは硬さを感じます。

インパクトに比例してボールに威力が出るので、ハードヒッターでも十分満足できるラバーとなります。

高い弾みと回転量

今まで使ったラバーの中で弾みと回転量が高いレベルで両立していると感じました。

特に弾みは他社のハイエンドラバーと比べても頭一つ抜けている印象です。

合わせたラケットはインナーラケットでしたが、十分な弾みがあり、飛びすぎると感じるほどでした。

ドライブは相手の台深くにバウンドし、スピードも速いので相手にとって取りずらい球が出せます。

台から下がっても問題なく、扱いこなせれば上回転のラリーでは無類の強さを誇ります。

回転に関しても優秀で、シートの引っ掛かりが良く回転が掛けやすいです。

サーブ・ドライブなど回転を駆使して戦うには十分な性能があります。

ただ、弾みに比べて驚きはなく、他社のスピンテンションと同等以上の性能といった印象です。

何でも出来るバランスの良さ

使っていて何かがやりにくいという事は無く、トータル性能が高いと感じました。

硬いのでインパクトの強さは必要となりますが、シートの引っ掛かりが良いので回転系の技術はもちろん、適度な球離れで弾く技術もやりやすいです。

特にミートやスマッシュに関しては、弾きやすくスピードも出るのでかなり好印象でした。

また、振った時の弾みは高いですが、軽く当てた時はあまり弾まないので台上技術もやりやすいです。

ストップは短く止まり、ツッツキは低く良く切れます。

ブロックも弾みすぎて止めにくいという事もなく、攻守共に優れたラバーだと感じました。

本ラバー使用のモーレーゴード選手はドライブだけでなくミートを多用したり、カットブロックなどトリッキーなプレーも多いです。

バランスの良いラバーだからこそ、様々なプレーが出来るのだと思います。

DNAプラチナXHを使用して悪かったところ

全体的にはかなり完成度の高いラバーと感じました。

大きな不満はありませんが、あえて悪かったところをあげるとしたら以下となります。

悪かったところ
  • 制御するのが難しい
  • 重量が重い

制御するのが難しい

硬くて弾みが良い分、制御するのが難しいラバーだと感じました。

1球目は良い体勢で打っても、球速がある分返球が速いので、次球は繋ぐだけとなってしまう事があります。

また、中途半端に当ててしまうと力が伝わらず、ネットミスやオーバーミスに繋がりやすいです。

やや直線的に飛ぶので球速と深さは出しやすいですが、台の入れやすさは他のラバーの方が優れています。

いわゆるオート感は他のラバーに比べ低く、選手の力量が如実に反映されるラバーと感じました。

練習では慣れた球が多いので爽快に打てても、初見の相手では一瞬の反応の遅れでミスに繋がりやすいです。

そういった場面でDNAプラチナXHは安定感に欠けやすく、誰にでも勧められるラバーではありませんでした。

重量が重い

ラバーのカット前で約72gあり、シェーク片面で52~53g程度となります。

スピンテンションの中でもかなり重い分類で、今回片面での使用でしたが重さを感じました。

両面に貼るとラケットによっては190越えとなる事もあり、ラバーの硬度も相まって扱いが難しいラバーと言えます。

こちらも練習で振る分には重量もあり、ボールに威力も出ますが、初見相手だと振り遅れによる失点に繋がりやすいです。

よほど筋力に自信がある人以外は、ラケットや反対側のラバー重量を抑えるなど調整が必要と感じました。

まとめ

ラバーの性能自体は非常に高性能で良いラバーだと感じました。

DNAプラチナXHを使いこなすには、ラバーの硬さや重さ、弾みの高さをいかに制御するかが鍵となります。

弾みは十分に出るので、ラケットはインナー系や木材などやや弾みを抑えた方がバランスが良いです。

使いこなせる自信のある人は、是非一度使ってみて下さい。

DNAプラチナXHの個人的評価
スピード
回転量
コントロール
打球感(硬さ)
弧線の高さ

 

created by Rinker
¥7,206 (2024/02/21 16:15:26時点 楽天市場調べ-詳細)