用具関連

バタフライ グレイザーの特徴を解説!ディグニクスとの違いとは?

バタフライより新製品情報がリリースされ、2023年4月1日より裏ソフトラバーのグレイザーシリーズが発売となります。

今回は事前情報からラバーの特徴とディグニクスとの比較を行います。

  • グレイザーってどんなラバー?
  • 自分に合っているか知りたい!

上記が気になる人は是非参考にして下さい。

グレイザーシリーズとは!?

グレイザーシリーズのラインナップは「グレイザー」と「グレイザー09C」の2種類となります。

グレイザーはスピンテンション、グレイザー09Cは粘着テンションです。

簡潔に言うと

グレイザー=ディグニクス05の廉価版

グレイザー09C=ディグニクス09Cの廉価版

の立ち位置となります。

それぞれシートの粒形状が同じで、スポンジは2度柔らかくなっています。

グレイザーシリーズのスペックは下記の通りです。

グレイザーグレイザー09C
価格6,050円(税込)6,050円(税込)
タイプハイテンション裏ラバー粘着性ハイテンション裏ラバー
テクノロジーハイテンション、スプリング スポンジXハイテンション、スプリング スポンジX
スポンジ硬度38度42度
スポンジ厚トクアツ、アツトクアツ、アツ
粒形状専用粒形状(No.05をベース)No.209
スピード8175
スピン7387
弧線8295
created by Rinker
¥4,838 (2024/07/15 06:31:41時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,840 (2024/07/14 17:00:20時点 楽天市場調べ-詳細)

次項でグレイザーシリーズの特徴について解説します。

柔軟なスプリングスポンジXを搭載

ディグニクスシリーズと同じスプリングスポンジXを搭載しており、硬度は2度柔らかくなっています。

スプリングスポンジXは食い込みやすく、表示硬度より柔らかく感じますが、さらに2度柔らかくなることで使いやすさを向上させています。

『テナジー』シリーズに採用された「スプリング スポンジ」に比べて、ボールが食い込むときの変形しやすさが約14%、はね返るときの反発弾性が約3%向上した。

バタフライHPより引用

ディグニクスが使いたいけど硬くて扱い難いと感じている人には最適なラバーです。

耐久性に優れている(寿命が長い)

ディグニクス同様、耐久性に優れたシートを搭載しています。

従来のラバーに比べて倍以上の耐久性との事で、特に練習頻度の多い人ほどその恩恵にあずかることが出来るでしょう。

価格が安い

グレイザーはどちらも 6,050円(税込) となっており、「ディグニクスを使いたいけど高い・・・」と思っていた人でも購入しやすい価格となっています。

他社のハイエンドラバーに近い価格となっているので、他社からの乗り換えもしやすいです。

前述した耐久性と相まって、コストパフォーマンスはバタフライ1番のラバーだと感じました。

性能は控えめ

当然ですがディグニクスシリーズより回転やスピードなどの性能は落ちます。

ただ、飛ばない分コントロールしやすく、回転量が落ちる分回転の影響を受けにくいというメリットもあります。

最高値ではディグニクスには及びませんが、性能を引き出しやすいのはグレイザーでしょう。

トップレベルでガンガン引き合いをする様な人でなければ問題ないでしょう。

他のラバーとの比較

ここからはグレイザーシリーズを他のラバーと比較していきます。

グレイザー

同じ粒形状のディグニクス05とテナジー05と比較するとこんな感じです。

グレイザーディグニクス05テナジー05
価格〇 (6050円税込)×(オープン)△(オープン)
耐久性
スピード818683
スピン738576
弧線828879
スポンジ硬度384036

やはりディグニクスの方が全体的に性能が良く、グレイザーは1段階落ちる印象です。

テナジー05とは比較的にスペックが近く、どちらもディグニクスより扱いやすいラバーの為、すみ分けが難しいです。

性能で選ぶならテナジー05、コスパで選ぶならグレイザーがよいでしょう。

グレイザー09C

こちらも同じ粒形状のディグニクス09Cと比較!

テナジーシリーズは比較対象なしです。

グレイザー09Cディグニクス09C
価格〇 (6050円税込)×(オープン)
耐久性
スピード7579
スピン8796
弧線9596
スポンジ硬度4244

グレイザーと同様に性能で選ぶならディグニクス09C、コスパで選ぶならグレイザー09Cでしょう。

ただ、スポンジ硬度がグレイザー09Cの方が柔らかいので、ディグニクス09Cが硬いと感じている人にも最適です。

若干柔らかくなっていることでバックハンドへの選択肢も広がるでしょう。

まとめ

グレイザーシリーズはディグニクスより性能は劣りますが、使いやすさと耐久性に優れるラバーです。

トップ層はディグニクスを使い続けるかと思いますが、多くの一般プレイヤーはグレイザーで十分でしょう。

また、ディグニクスは耐久性は良いものの、価格自体は高いラバーでした。

グレイザーの登場で「価格も良し」「耐久性もよし」となると、コスパ最強のラバーとなるでしょう。

初回ロットは間違いなく売れるでしょう。

また販売されたら購入し、レビューをしていきたいと思います。

created by Rinker
¥4,838 (2024/07/15 06:31:41時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,840 (2024/07/14 17:00:20時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA