その他

ボールスタンドを自作!費用や作り方を解説

多球練習やサーブ練習の際にボールスタンドがあると非常に便利です。

卓球台にカゴを置く必要が無いので、球出しがしやすくなったり、卓球台を広く使い練習が出来ます。

しかしメーカーより販売されている製品は1万円以上する物も多く、手が出しずらい価格かと思います。

そんな時はボールスタンドを自作してみてはいかがでしょうか?

私は過去に自作をしたことがあるので、その経験から自作の方法、費用、使い心地などを解説していきたいと思います。

実際に作製したボールスタンド

イレクターパイプとカゴを組み合わせてボールスタンドを作製しました。

作製費用

おおむね2000円程度で製作する事が出来ました。

費用内訳

パイプ(センター+足)  約500円

ジョイント(足+カゴ受) 約200円

キャップ(足)      約150円

接着剤          約250円

送料           約800円

カゴ(100均)     約100円

パイプは1mm単位で指定できるショップにて、カット済み品を購入。

届いた物を組み立て&接着しただけです。

カゴの底はドリルで穴をあけ、パイプ部分の受け部品にねじ止めをしています。

作業時間は1時間もあれば十分に作製する事が可能です。

非常に安価で簡単に作製をする事が出来ました。

イレクターパイプが購入出来るショップ

自作に役立つイレクターパイプが購入可能なオンラインショップを紹介します。

どちらもパイプの長さが1mm単位で指定可能で、ジョイントや純正部品も豊富です。

自分はスパクリショップにて購入しましたが、どちらを選んでも問題は無いかと思います。

スパクリショップ

パイプとジョイントの通販「スパクリショップ」 【スペーシア公式】

yazaki shopping

矢崎化工株式会社が運営するオンラインショップ

実際に使用したみた感想

スタンドを立てた状態で多少のカタつきはあるものの、使用には全く問題はありませんでした。

実際に多球練習で使用しましたが転倒するような事もなく、十分な機能を果たしています。

卓球台の高さが760mmで、作製したスタンドは高さが850mmとなりました。

使ってみましたが少し高いと感じましたので、卓球台と同じぐらいの高さで製作することをオススメします。

まとめ

イレクターパイプとカゴを使用し、ボールスタンドを安価に自作する事が出来ます。

外観や品質を求めるのであれば市販の物を購入されるのが一番ですが、こだわりが無ければ自作するのもオススメです。

難易度は上がりますがイレクターパイプを使えば、集球ネットを作る事も可能です。

気になる方はぜひチャレンジしてみて下さい!

ABOUT ME
ふじたく
年齢:30代 戦型:中ペン裏裏ドライブマン 卓球歴:約13年(学生3年、社会人10年) 様々な卓球用具を買い漁っている経験から、少しでも有益な情報を発信できればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA