雑記

ボールスタンドを自作した話

多球練習やサーブ練習の際にボールスタンドがあると非常に便利です。

卓球台にカゴを置く必要がない為、卓球台が広く使用でき、球出しがしやすくなったり、練習範囲が広がります。

ただ、メーカーより販売されている製品は安いものでも1万円程度し、高いものが多いかと思います。

過去にボールスダンドを自作しましたので、今回はそちらの紹介をしたいと思います。

実際に作製したボールスタンド

イレクターパイプとカゴを組み合わせてボールスタンドを自作しました。

作製費用

パイプ 755mm ×1    253円

パイプ 180mm ×4    240円

ジョイント(足部分) ×1 162円

ジョイント(カゴ受) ×1  59円

キャップ ×4        152円

接着剤 ×1         238円

送料            810円

カゴ(100円ショップ)   108円

合計:2022円(税込8%)

イレクターパイプは1mm単位でカットしてくれるショップがあり、カット済みの物を組み立て&接着だけで作製ができました。

カゴの底はドリルで穴をあけてねじ止めをしてあります。

届いてから完成まで1時間もかからなかったと思います。

非常に安価で簡単に自作することができました。

使用してみて

素人作製の為、立てた状態で足の部分が多少カタカタする事がありましたが、使用には問題はありませんでした。

実際に多球練習で使用しましたが転倒するような事もなく、十分な機能を果たしています。

ただ、今回完成時の全長が 850mmとなり卓球台が760mmの為、もう少し低くてもよかったかなと思いました。

最後に

イレクターパイプとカゴを使用し、ボールスタンドを安価に自作する事が出来ます。

外観や品質を求めるのであればメーカー製の物を購入されるのが一番かと思いますが、取り合えず使えればOKでしたら自作するのがおすすめです。

イレクターパイプはネットショップ等で何社か取り扱ってますので、確認してみて下さい。

また、一部のホームセンターでも取り扱いがあるようなので、気になった方は調べて頂ければと思います。

ABOUT ME
ふじたく
年齢:30代 戦型:中ペン裏裏ドライブマン 卓球歴:約13年(学生3年、社会人10年) 様々な卓球用具を買い漁っている経験から、少しでも有益な情報を発信できればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA