その他

【ダイヤル式シューズ】ウェーブメダルSP4 レビュー

今回はミズノの卓球シューズ「ウェーブメダルSP4」を購入しましたのでレビューしていきたいと思います。

2021年7月販売となっており、東京オリンピックで伊藤美誠選手が使用していたことでも話題になっています。

今までウェーブドライブNEOを使用してきましたので、そちらとの比較も行っていきたいと思います。

商品紹介

品名:ウェーブメダルSP4

サイズ:22.5~28.5cm

カラー:22:ブルー×ホワイト×レッド

素材:素材 甲材/人工皮革、合成繊維   底材/合成底

原産国:ベトナム製

質量:約280g(26.0cm片方)

インソール:ソフトインソール(取り外し可)

シューズ幅:2E相当の方向け

価格:¥17,050(本体価格¥15,500)

柔らかく跳ねる新素材MIZUNO ENERZYを搭載したボアフィットシステムモデル。

ミズノHPより引用

前作との違い

ウェーブメダルSP3との違いはダイヤル小型化、ワイヤーシューレースをソフトシューレースに変更、デザインの変更などがされています。

ウェーブメダルとウェーブドライブの違い

ミズノの卓球シューズには大まかにウェーブメダルウェーブドライブの2つのシリーズがあり、今回のシューズはウェーブメダルシリーズとなります。

<各シリーズの特徴>

ウェーブメダル・・・安定性、クッション性重視

ウェーブドライブ・・・軽量、柔軟、素足感覚

使用感レビュー

ダイヤル式で着脱が快適

最大の特徴であるダイヤル式で着脱が非常に快適でした。

ダイヤルを回すと締め付け・引っ張ると解除が出来るので靴紐を結ぶ手間がありません。

靴紐は毎回結ぶ方が良いのですが、手間ですので毎回行っている人は少ないのではないでしょうか。

靴紐を固定して着脱していると、フィット感が悪いですし、激しいフットワークをすると脱げてしまう可能性があります。

毎回靴紐を結びたいけど手間だと感じている人には最適なシューズとなります。

フィット感はGOOD、ワイヤーは痛くない

写真を見るとわかるのですが、ワイヤーが細めで足に食い込みやすそうです。

個人的にきつく締める方がホールド感があって好きなのですが、その様な使い方でも足が全然痛くなりませんでした。

ワイヤーも前作からより柔らかいものに変えているというのもありますが、ベロに厚みがあるので足をしっかり保護してくれています。

長時間の使用でも全く問題ありませんでした。

また、ウェーブドライブNEOと比較るする片足(27.0cm)で約20gアップしました。

結構重く感じると思っていましたが、実際に履いてみるとフィット感が良い為かそこまで重さは感じませんでした。

グリップ力が高い、履き心地は若干硬め

ウェーブドライブNEOよりアウトソールのラバーが厚く、面積も広いです。

その為、ウェーブメダルSP4の方が地面をしっかりつかんでピタっと止まります。

逆に強いグリップが苦手な人(摺り足などを使い人)にはドライブ系の方が良いかと思います。

また、全体的な印象としてはウェーブメダルSP4の方が若干硬い履き心地です。

ウェーブドライブNEOの方が柔らかく、動きに合わせて変形しやすいと感じました。

これはどちらが良いというわけではなく、好みの問題だと思います。

激しい動きをしても変形しにくく、安定感を求める人にはウェーブメダルSP4は最適です。

まとめ

今回はウェーブメダルSP4のレビューをしました。

主な特徴は以下の通りです。

・ダイヤル式は靴紐いらずで非常に快適

・ワイヤーはフィット感が高く、足も痛くならない

・グリップ力が高く安定している、履き心地は若干硬め

値段が15,500(税抜)と高いところがネックですが、それを除けば非常に優秀なシューズだと思います。

毎日の練習で靴紐を結ぶのが手間だと感じている人は一度使ってみる価値ありです。

ダイヤル式の快適さを知ってしまうと元に戻れないかもしれません。

ABOUT ME
ふじたく
年齢:30代 戦型:中ペン裏裏ドライブマン 卓球歴:約13年(学生3年、社会人10年) 様々な卓球用具を買い漁っている経験から、少しでも有益な情報を発信できればと思っております。