ラケット

卓球ラケット 合板構成の特徴と選び方

卓球ラケットには5枚合板、7枚合板、アウターカーボン、インナーカーボンなどの様々な合板構成があります

それぞれどんな特徴があり、どれが自分にあっているのか分からない といった事があるのではないでしょうか

今回は代表的な合板構成について自分が考える特徴やメリット、デメリット、向いている人等を解説していきます

完全に主観+合板構成だけでラケットの性能は決まらない為、参考程度にして頂ければと思います

5枚合板

特徴

木材の板を5枚接着させた合板構成です

・打球感が柔らかいものが多い

・弾みが控えめ

・比較的重量が軽い

といった特徴があります

メリット

5枚合板の最大のメリットは 扱いやすいさ+安定感 です

ラケットの弾みが控えめでコントロール性能に優れており、台上等の細かい技術もやり易いです

また、打球感が柔らかくしなりも良いため回転を掛けやすいラケットです

軌道は弧線になるのでネットに引っ掛かる事も少なく、打点が落ちても回転を掛けて入れることが出来ます

軽量なものが多い為、重いラバーと合わせてもトータル重量を抑えやすいです

デメリット

弾みが弱い為、レベルが上がるほど威力が物足りなくなってきます

飛距離も出しにくく台から下がると打ち抜くのは難しいです

回転が掛けやすい反面、相手の回転の影響も受けやすいラケットでもあります

しなりも良い分ブロックなどの球を受ける場面では相手の球に押されやすい傾向があります

向いている人

・基礎を身につけたい初心者

 体を使って打たないと飛ばない為、基礎を身につける初心者に最適です

 初心者同士であれば強打が少ないので、押されやすいというデメリットが緩和されます

・安定重視の選手

 自分のミスは極力減らし、コースを突いたり、粘って相手のミスを待つタイプにおすすめです

・ラリーのスピードを遅くしたい人

 弾むラケットはスピードが良く出ますが、相手の返球も早くなります

 フットワークを駆使する選手は返球が早いと次球が間に合わなくなるので、あえてスピードの出ないラケットを使用するのも良いかと思います

7枚合板

特徴

木材の板を7枚接着させた合板構成です

5枚合板と比較し

・弾みが良い

・打球感が硬い

・重量が重い

・板厚が厚い

といった特徴があります

メリット

7枚合板のメリットは 球威が出る、相手の球に押されにくい 所です

5枚合板と比較し弾みが強い為、振り切れればスピードが速く重い球が出ます

飛距離を出しやすい為、下がってもプレーがしやすいです

ラケットが厚くあまりしならない為、ミートやスマッシュ等の弾くプレーがやり易く、ブロックも相手の球に押されにくです

5枚合板よりは打球感は硬いものの、カーボンラケットと比較すると打球感はマイルドで木材独特のボールを掴む感覚があります

デメリット

重量が重いものが多い為、パワーのある選手か軽量なラバーを合わせて調整する必要があります

板厚が厚くしなりも少ない為、回転を掛けるには5枚合板よりはインパクトの強さが必要となります

弧線も5枚合板よりは低くネットミス、オーバーミスが出やすいラケットです

向いている人

・重いラケットを振り切れる中上級者(初心者は威力勝負になりにくい為)

・5枚合板を使用しており、木材の打球感のまま弾みを上げたい人

・中、後陣からでも威力のあるボールが打ちたい人

5枚合板より扱い難い為、初心者からの使用はお勧めしません

基礎を覚えてさらに威力を求める場合、7枚合板へシフトを検討すると良いかと思います

アウターカーボン

特徴

ラケットの外側(上板の次)にカーボンが入ったラケットです

カーボンは薄くよく弾むため、重量や板厚を抑えつつ弾みが強いのが特徴です

木材だけのラケットと比較すると打球感が硬く、球離れが早い傾向にあります

メリット

弾みが強くボールのスピードや飛距離を出しやす のがメリットです

球離れが早く初速も良い為、前陣での早いピッチでのラリーにも適しています

軌道は木材と比較し直線的になるので、相手の取りにくい鋭い球となります

7枚合板は重く使う選手を選びますが、カーボンは比較的軽量なものも多い為、幅広い選手層にマッチするラケットとなります

デメリット

硬くてよく弾むためコントロールが難しいラケットとなります

特にストップ、ツッツキ等の細かい技術がやり難い傾向にあります(ボールが浮きやすい)

直線的な軌道な為、打球点を落としたプレーもやり難いです

球離れが早い分、スイングが中途半端だと回転を掛ける前にボールが飛んでしまい棒球となりやすいです

向いている人

・打球に威力を求める人

 5枚合板と比較すると良く弾むため、威力を求める人に最適です

・弾むラケットをコントロール出来る人

 コントロールが難しいので、基礎が出来ていないと制御できずに自滅が増えてしまいます

・打点を落とさずプレーする人

 比較的直線的に飛ぶため、打点を落とすプレーはやり難く、高い打点で捉える人の方が向いています

・重量を抑えつつラケットに弾みを求める人

 7枚合板の場合は重量が重くなりがちですが、カーボンラケットは弾みを確保しつつ重量を抑えることが出来ます

インナーカーボン

特徴

ラケットの内側(中心材の次)にカーボンを配置しているラケットです

カーボンを搭載しながら木材に近い球持ちや打球感があるのが特徴です

メリット

インナーカーボンのメリットは 合板に近い安定感、扱いやすさがありながらカーボンの威力も兼ね備えている 所です

アウターカーボンと比較すると球持ちがよく回転が掛けやすいです

台上技術などの細かい技術も飛びすぎず、やり易いです

強打時には内側のカーボンの反発力で強いボールを打つことが出来ます

デメリット

アウターカーボンと比較すると絶対的な威力では劣ります

合板とカーボンのいいとこ取りのラケットとなりますが、裏を返せば中途半端なラケットとなります

軽打時は木材、強打時はカーボン感が強くなる為、当て方によってボールの弾みが変わります

アウターカーボンの方が安定して弾く分、インナーカーボンの弾み方は好みが分かれるところかと思います

向いている人

・アウターカーボンは弾みすぎたり硬すぎるけど5枚合板では物足りない人

・台上等の細かい技術はあまり弾まず、強く当てた時だけ弾ませたい人

・いきなりアウターカーボンを使うのに自信がない人のステップアップとして

まとめ

今回は代表的な合板構成の大まかな特徴やメリット、デメリット等を解説しました

前述したとおり完全主観+大まかな特徴であって個々のラケットによって特徴は様々です

極端に言ってしまえば5枚合板でも7枚やアウターカーボンより弾むものもあります

あくまで参考程度としてラケット特徴を理解したうえで、ラケット選びをしてもらえればと思います

ABOUT ME
ふじたく
年齢:30代 戦型:中ペン裏裏ドライブマン 卓球歴:約13年(学生3年、社会人10年) 様々な卓球用具を買い漁っている経験から、少しでも有益な情報を発信できればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA