用具関連

【2022年】全日本選手権 ランカー用具考察(女子)

今回は2022年の全日本選手権にてランク入り(ベスト16)した女子選手の用具の考察をしていきたいと思います。

男子同様ランク入りした選手が使用している用具ですので、現環境において勝てる用具となります。

ランカーの用具が自身に合うとは限りませんが、傾向を知ることで用具選びの参考になるかと思います。

【2022年】全日本選手権 ランカー用具考察(男子) 今年も1月に全日本卓球選手権大会が開催されました。 今回はランク入り(ベスト16)した選手の使用用具の考察をしていきたいと思いま...

使用用具一覧

まずは各選手の使用用具一覧となります。

No.選手分類メーカー製品名詳細
1伊藤美誠Rニッタク伊藤美誠カーボンST
FニッタクファスタークG1特厚
BニッタクモリストSP
2早田ひなRニッタク特注シェークFL
F紅双喜キョウヒョウ3国狂ブルー特厚
B不明裏ソフト
3加藤美優RバタフライインナーフォースレイヤーZLCFL
Fバタフライテナジー80特厚
Bバタフライテナジー80特厚
4木原美悠RVICTASファイヤーフォールVCFL
FVICTASV>15エキストラMAX
BVICTASVO>1022.0
5佐藤瞳Rニッタク剛力男子FL
F紅双喜キョウヒョウ3国狂ブルー特厚
Bニッタクドナックル(特注)
6大藤沙月Rバタフライ張本智和インナーフォースALCFL
F紅双喜キョウヒョウ3国狂ブルー特厚
Bバタフライディグニクス05特厚
7木村光歩RニッタクアコースティックST
FニッタクハモンドZ2特厚
BニッタクモリストSP
8長崎美柚RバタフライインナーフォースレイヤーALCFL
Fバタフライテナジー05特厚
Bバタフライディグニクス05特厚
9南波侑里香RミズノフォルティウスFTFL
FミズノQ5特厚
BミズノブースターSA
10平野美宇RバタフライビスカリアFL
Fバタフライテナジー05ハード特厚
Bバタフライテナジー05特厚
11石川佳純R不明特殊素材シェーク
F紅双喜キョウヒョウ3国狂ブルー特厚
B不明裏ソフト
12森さくらRバタフライインナーフォースレイヤーALCFL
Fバタフライテナジー05ハード特厚
Bバタフライテナジー05特厚
13橋本帆乃香Rニッタク剛力男子FL
F紅双喜キョウヒョウ3国狂ブルー特厚
B不明粒高
14安藤みなみRVICTASZX-GEAR INFL
Fバタフライテナジー05特厚
Bアームストロングアタック8L粒
15柴田沙季R紅双喜キョウヒョウ龍5FL
F紅双喜キョウヒョウ3国狂ブルー特厚
B紅双喜キョウヒョウ特注特厚
16野村萌RXIONフィールZX ⅢST
FXIONオメガⅦ プロMAX
BVICTASVO>1012.0

男子と比較し特定のメーカー、製品への偏りはなく様々な用具を使用しています。

次項で詳細を見ていきます。

ラケット使用状況

ラケットのみを抽出して見てみます。

メーカー製品名合板構成使用数
ニッタク剛力男子7枚合板2
バタフライインナーフォースレイヤーALCインナー2
VICTASZX-GEAR INインナー1
VICTASファイヤーフォールVCインナー1
XIONフィールZX Ⅲアウター1
ニッタクアコースティック5枚合板1
ニッタク伊藤美誠カーボンアウター1
ニッタク特注シェーク不明1
バタフライインナーフォースレイヤーZLCインナー1
バタフライビスカリアアウター1
バタフライ張本智和インナーフォースALCインナー1
ミズノフォルティウスFT7枚合板1
紅双喜キョウヒョウ龍5インナー1
不明特殊素材シェーク不明1

種類が多いので大まかな分類ごとに見ていきます。

インナーの使用率が約4割と多く、7枚合板、アウターと続きます。

アウターもALCやFEカーボンとカーボンの中では比較的球持ちの良い物でした。

男子同様に弾みがありながら球持ちが良いラケットが選ばれている傾向にあります。

ラバー使用状況

続いて使用ラバーについて見ていきましょう。

16名、合計32枚のラバーの使用状況はこんな感じです。

メーカー製品名分類使用数使用率
紅双喜キョウヒョウ3国狂ブルー裏ソフト(粘着)619%
バタフライテナジー05裏ソフト413%
ニッタクモリストSP表ソフト26%
バタフライディグニクス05裏ソフト26%
バタフライテナジー05ハード裏ソフト26%
バタフライテナジー80裏ソフト26%
不明不明裏ソフト26%
VICTASV>15エキストラ裏ソフト13%
VICTASVO>101表ソフト13%
VICTASVO>102表ソフト13%
XIONオメガⅦ プロ裏ソフト13%
アームストロングアタック8L粒粒高13%
ニッタクドナックル(特注)裏ソフト13%
ニッタクハモンドZ2裏ソフト13%
ニッタクファスタークG1裏ソフト13%
ミズノQ5裏ソフト13%
ミズノブースターSA表ソフト13%
紅双喜キョウヒョウ特注裏ソフト(粘着)13%
不明不明粒高13%

こちらも種類が多いので大まかな分類ごとに見ていきます。

裏ソフトで約8割、表ソフトと粒高を合わせて2割の使用率となっております。

粘着ラバーも約2割と使用率も増えてきている印象です。

製品ごとに集計するとこんな感じです。

テナジーやディグニクスを抑え、キョウヒョウ3国狂ブルー(紅双喜)の使用率がトップとなりました。

キョウヒョウ3国狂ブルーは早田ひな選手や石川佳純選手などが使用しております。

フォア面に使用のラバー

続いてはフォア面のみの結果を見ていきましょう。

メーカー製品名使用数使用率
紅双喜キョウヒョウ3国狂ブルー638%
バタフライテナジー05213%
バタフライテナジー05ハード213%
ミズノQ516%
VICTASV>15エキストラ16%
XIONオメガⅦ プロ16%
バタフライテナジー8016%
ニッタクハモンドZ216%
ニッタクファスタークG116%

フォア面は全員が裏ソフトを使用しており、キョウヒョウ3国狂ブルーが約4割で最も使用されています。

他のキョウヒョウと比べ柔らかくて、球威と扱いやすさのバランスが取れたラバーとなります。

プラボールの影響か女子でもキョウヒョウやテナジー05、Q5など回転を重視したラバーが選ばれる傾向にあります。

バック面に使用のラバー

続いてはバック面のみの結果を見ていきましょう。

メーカー製品名使用数使用率
バタフライディグニクス05213%
バタフライテナジー05213%
ニッタクモリストSP213%
VICTASVO>10116%
VICTASVO>10216%
アームストロングアタック8L粒16%
紅双喜キョウヒョウ特注16%
バタフライテナジー8016%
ニッタクドナックル(特注)16%
ミズノブースターSA16%
不明不明(裏ソフト)213%
不明不明(粒高)16%

女子ではバック面も裏ソフトで両ハンドドライブをするタイプと表や粒を貼り変化をつけるタイプの2極化となりました。

裏ソフトではディグニクス05やテナジー05など回転重視のラバーが選ばれています。

まとめ

今回は全日本選手権でランク入り(ベスト16)した女子選手の使用用具を考察しました。

男子同様ラケットでは弾みと球持ちのバランスの良いラケットが選ばれている傾向にあります。

裏ソフトではフォアバック共に回転重視のラバーが選ばれており、変化をつけるためバック面に表や粒高を貼っている選手も多数いました。

プラボールではスピードが出しにくいので、最低片面は強い回転を掛けられる用具の方が現環境において有利な組み合わせなのかも知れません。

ピッチの早さでパチパチ打ち合うよりも、ドライブをしっかり掛けてボールの重さで勝負するスタイルが増えてきていると感じました。

ABOUT ME
ふじたく
年齢:30代 戦型:中ペン裏裏ドライブマン 卓球歴:約13年(学生3年、社会人10年) 様々な卓球用具を買い漁っている経験から、少しでも有益な情報を発信できればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA